採集したオオクワガタ 産卵セットへ

どうもダリオです。

7月初旬に採集したオオクワガタのブリードをするため

産卵セットを組みました

 

 

オオクワガタのブリードは本当に久しぶり

 

小学生ぶりかもしれない

個体紹介

 

産卵セットに投入するメスはこちら

個体の紹介
オオクワガタ
学名:Dorcus hopei binodulosus
産地:日本/山形県
累代:WD
♀:41.5㎜
附節の欠け等なしの完品個体
素晴らしい!
別のアングルから
大きさ 艶 厚み
全てのバランスがパーフェクト
オオクワが人気なのも頷けます



産卵セット その前に

 

直ぐに産卵セットへ投入したいところですが

♀のコンディションを整えるために

10日間管理しました

 

管理に使用した物
クリアスライダー小
ゼリー
ヒノキチップ
転倒防止用の足場
写真を撮り忘れてしまったので
メタリフェルのペアリング中の写真を拝借

 

こんな感じでセットしています

 

オオクワガタは臆病な個体が多いのですが(特に野外個体)

採集した♀は非常に肝っ玉母ちゃんでして

ライトで照らそうが構わずゼリー食べていました

 

10日でゼリー3個を完食

 

 

良いぞー!いっぱい産んでくれそうだ


産卵セット

 

産卵セットの概要は以下の通りです

 

産卵セット概要
期間:2020.7.19-
ケース:コバエシャッター中
産卵材:固めのクヌギ材×2
マット:産卵一番
温度:20-22℃
湿度:50‐70%

オオクワガタは材に産むタイプのクワガタで

材選びが非常に重要となります

 

 

カワラ材の仕込みを忘れていましたので

 

手持ちの固めのクヌギ材で挑戦してみます

 

せっかく♀のコンディション整えたのに…

 

 

 

 

それではセット手順です

 

 

ケースはコバエシャッター中を使用

 

 

マットは産卵1番を使用

 

 

ケース底3分目までマットを固詰めします

ここまできたらメインの材を投入です

 

 

大きさの異なるクヌギ材(サイズMとL)を2本使用

2本200円の安い材ですが、産んでくれると信じてます

 

 

材が隠れるまでマットを被せて

 

 

乾燥を防ぐため、水ゴケを敷いてセット完了です

 

 

 

さぁ、産んでちょうだい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セットから4時間後

 

早速削ってますがな

 

レスポンス早すぎぃ!

 

 

これは期待できる⁉

 

9月頭に割り出そうと思います。

 

それではー!

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事