ネパレンシス(ネパールコクワ) ペアリング~産卵セット

お世話になっております

DALIOです

 

 

少し前の話になるのですが
ネパレンシスのブリードを始めました

みんな大好きネパレンシス

 

今回、初挑戦となります

ブリードは温度管理さえできれば

簡単とのことですが

 

 

無事に幼虫とれるでしょうか

 

親購入

種親となる個体は
2020年2月の「KUWATA大宮」でブースさんから購入

 

個体紹介
ネパールコクワガタ(ネパレンシス)
学名: Dorcus nepalensis
産地:インド/アルナーチャル・WK(A.P.west kameng)
累代:WF1
♂:70.0㎜
♀:46.0㎜

 

はぁー
やっぱりネパレンシスはいいですね

 

悔やまれるのは
写真より実物のほうが数倍格好良く見えること

 

なんか…上手く撮れないんですよね

 

エラフスホソアカやフォルスターは
写真映えするんですけどね

 

是非手にとっていただきたいクワガタです



ペアリング

羽化日が2019年12月なので
購入当時は休眠中

休眠期間は約半年とのことでしたので

 

6月まで
ミズゴケを入れたケースで管理しました

15℃に設定したワインセラーにてVIP待遇です

 

4月ー16℃
5月ー17℃
6月ー19℃

と4月から徐々に気温をあげて
活動を促しました

 

6月に入ってから、動き回るようになったので

試しゼリーを与えたところ♂♀ともに爆食

 

休眠期間半年は間違いではないようです

その後は、2週間ゼリーを与え続けて

 

ペアリングを行いました

 

ペアリング
期間:2020.6.16-18
ケース:コバエシャッター中
温度:19℃
湿度:70%

 

顎を縛ることなく、無事に交尾を確認

紳士的で本当に助かります

念のため3日ほど同居させました

 

産卵セット

ペアリング後、♀を個別管理し1週間ゼリーを与え

産卵セットへ投入しました

 

ネパレンシスは菌糸ボトルに産卵するようなので

評判の良い神長きのこ園さんの

「グリードSLボトル」を使用しました

 

産卵セット
期間:2020.6.21~
ケース:コバエシャッター中
産卵ボトル:グリードSLボトル
マット:ヒノキマット
温度:19℃
湿度:70%

菌床産卵は初の経験だったのですが

こんなに簡単で大丈夫か?

と不安になるほど楽に組めました

 

ケースにヒノキマットを敷いて

菌床ボトルを置くだけ!それだけ!

 

ボトル側面の白いものはキッチンペーパーです

若干隙間があるので、固定用に入れました

 

ボトルのフタには最初から穴が空いているので

そこに合わせるように潜航用の穴を空けて

 

♀を投入します

ここで産卵の準備ができている♀は直ぐに潜航

産卵の準備ができていない♀は潜航しないか

潜航後直ぐにでてしまうようです

 

我が家の♀はどうでしょう

 

あっ!直ぐに潜航

 

どんどん潜っていく

 

 

その後

ボトル底部には大きな潜航痕が !

外にも出てきていないようですし
これは勝ったな!

 

爆産だったらどうしようかしら

 

産卵セットその後1

産卵セットを組んで1ヶ月

幼虫は愚か卵を確認出来ておりません\(^o^)/

 

♀は菌糸ボトルから出てくることなく
中でおやすみ中です

 

成熟してない?
交尾できてない?
産卵床が気にいらない?

ボトルの中で♀が死亡することだけは避けたいので

割り出すか悩みました

 

ただ

劣化したカワラ菌糸に産むと聞いたことを思い出し

もう少し放置してみることに

産卵セットその後2

セットを組んで2ヶ月

 

8月に入り

これまで変化のなかったボトルに新たな潜航痕が!

よく確認してみると…

 

卵を発見!

 

更に経つこと1か月

 

孵化した幼虫を確認!

卵の期間は20日程度でした

 

 

産卵までのタイムラグですが

 

要因は以下の2点だと思います

 

1.成熟まで時間が必要だった

2.菌床の劣化が足りなかった

 

初めてのブリードなので、正解はわかりませんが

恐らくは2番目かな?

 

だとしたら放置して良かった…

 

我慢した甲斐がありました

 

 

割り出しは10月半ばの予定です

 

また我慢の日々…

 

 

 

 

それでは―!

スポンサーリンク
おすすめの記事