フォルスターキヨタミ 割り出し!

フォルスターキヨタミの産卵セットを組んで

約3か月が経過しました

 

3♀で産卵セットを組んでいましたが

 

全てお亡くなりになりましたので

 

結果を報告しようと思います

ペアリング~産卵セットの記事はこちら

 

割り出し結果

 

種親♂はこの子

76.0㎜の立派なやつでした

3♀と短期間で代わる代わる交尾させたので短命でした

 

さて、結果ですが

 

無事に幼虫はとれました!

 

 

が、想定していたより数が少なかったです…

 

採卵数と孵化した幼虫数は以下の通りです

 

採卵数と孵化数

♀① 採卵9個 孵化6個体

♀② 採卵32個 孵化27個体

♀③ 採卵10個 孵化2個体

 

うーん

少ない!

 

原因としては以下の4点が考えられます

 

  1. 採卵回数
  2. 材選び
  3. ケース内の湿度調整
  4. 卵の管理方法

 

 

     



    まず

    ①採卵回数

     

    長期出張が重なり、♀が死亡するまで

    3回しか割り出しできませんでした

     

    これは痛かった…(言い訳です)

     

    書籍やネットに記載されているとおり

     

    材への反応が早いため、3~7日に1回の割り出しが

    適切ではないでしょうか

     

     

    ②材選び

     

    「フタマタは材選びが全て」

     

    よく聞く話ですが、これは本当でした

     

     

    ただ

    高くて綺麗な材を使う=卵を多く産んでくれる

    というわけでないようです

     

    A~Cランクのナラ材やカワラ材を使用しましたが

     

    カワラ材やAクラスの高価なナラ材と

    グレートの低く安いナラ材とでは

     

    成績の差はありませんでした

     

    100円の安い材でも産んでくれました

     

     

     

    せっかくいい材揃えたのに!

     

    材って意外と高いんだぞぉ、フォルスターさん

     

     

    次回セットすることがあれば、

    安い材を多く揃えておこうと思います

     

    戦いは数だよアニキ

     

     

    ③ケース内の湿度調整

    今回使用した材は固さ関係なく10分加水しましたが

    こちらも失敗の原因でした

     

     

    加水後は産卵セットに投入するまで

    マットに埋め込んで管理していたため

     

     

    カビの発生に悩まされることはありませんでしたが

     

    材の含水量が想像以上に高く

    産卵セット内が常に多湿な環境になってしまい

     

    手で押すと水が染み出るほどになってしまいました

     

    柔らか目が良いとは言え

    限度を超えてしまいました

     

    写真の材は♀お気に入りのものです

     

    1回目の採卵数は多く、期待できたのですが

     

    2回目のセット時には多湿でズブズブになっており

    卵を確認することはできませんでした

     

    次回は

    ・材ごとに加水時間を調整する

    ・産卵セット内の空気巡回を行う

     

    以上、2点の対策をとろうと思います

     



    ④卵の管理方法

     

    上述した採卵数と孵化率を比較すると

     

    成績はいい方だと思います

     

    卵の管理方法は

    マットの上に卵を置くだけです

     

    発生の進んだ卵は採卵しない方が良いと

     

    どこかで記述されていた記憶がありましたが

     

    産みたての卵、発生の進んだ卵

     

    どちらも採卵後、孵化まで持っていけました

     

     

    また、昔のネット記事を見ると

     

    採卵しないと孵化できず死んでしまうと

    記載されたものがありましたが

     

    材から幼虫を回収することができました

     

     

     

    中にはある程度成長した幼虫も

     

     

    更にマットからも確認

     

     

     

     

     

    かなり放置していたのが露呈しましたが

     

    放置しても幼虫がとれることが分かって良かったです

     

     

    採卵する時間がない場合は

    齧られた材を別ケースに移して数か月放置し

    産卵セットへ材をどんどん投入する

     

    やり方もアリだと思います

     

     

    材のコストとスペースの問題がありますが

    今回はこの方法をとるべきだったかもしれません

     

    次回も仕事で忙殺されるようなら試してみます

     

     

    以上!割り出し結果でした

     

     

     

    同時期に産卵セットを組んでいた

    フォルスター原名のほうは

     

    もっと成績が悪くてですね…

     

    2♀で幼虫7匹でした

     

    割り出しについて加筆した記事を貼っておくので

    お時間ある方は見てやってください

     

     

     

     

     

     

     

    それではー!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    スポンサーリンク
    おすすめの記事