パプキンブルーの作り方(詐欺)

パプアキンイロクワガタ(以下、パプキン)の産卵セットを組んで約1か月。

 

未だ、ケース側面に卵が見えません。無事に産んでくれているか不安なダリオです。

頼む!産んでいてくれ‥‥。

一方、ペアリングの済んだ♂は一人寂しく?ゼリーを舐める日々。

 

ならばと、ある実験に協力していただきました。

パプキンブルーの作り方

以前の記事でパプキンのモスグリーン♂×パープル♀を掛け合わせることでブルー個体を作出できると記載しましたが

 

(実際のところ、本当かわからないのでブリードを成功させて証明してみます)

 

BE-KUWA 42号「大特集‼ キンイロクワガタとその仲間」によると

人工的にブルー個体にする方法があるとのこと!

「緑色♂にうすく油を塗ると青色になる場合があり、この状態でブルー♂として販売されていることがあります」(BE-KUWA 42号,p44 より引用)

 

だそう。なにそれ面白そう!

手持ちの♂もちょうどモスグリーンなので、脂を塗ってブルー個体になるのか検証してみました。

 

 

この♂がどう変化するのでしょうか。



パプキンに脂を塗ってみた

暇を持て余している♂に脂を塗ってみました。

 

油は馬油を使用

 

綿棒に馬油を付けて前胸背板にぬりぬり

凄く嫌がってる♂(スマン)

 

前胸背板だけ塗ってみましたが…。コレジャナイ感

続いて上翅にもぬりぬり。

お!これはなかなかいい感じでは

 

結果!

余分な脂をティッシュで拭き取って、10分放置した♂がこちら!

本当に青くなった…!

小楯板?(前胸背板と上翅の間)の色と比べてみても変色具合がわかりますね。

 

結果:パプキン(グリーン)に脂を塗ると青く変色する

 



色虫詐欺

オークションで度々聞く「色虫詐欺」

写真編集の他にも、今回のように脂を塗って出品されるパターンもあるのでしょうか。

恐ろしい!

 

せっかくなので青くなったパプキンをオークション出品画像のように撮影してみました。

 

 

いかがでしょうか。

流石に青すぎて不自然ですね。脂塗りすぎたかもしれません。

KUWATA大宮で見た本物のブルー個体は浅葱色に近い感じでした。

 

付近に昆虫ショップがないため、どうしてもオークションに頼りがちですが

今後も詐欺には気を付けないといけませんね。

 

 

 

それではー!

 

※脂を塗った♂は2日後には元の体色に戻っていました。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事