フェモラトゥスホソクワ 割り出し!

お久しぶりです

ダリオです

 

今日は名古屋KUWATAですね!

行きたかったなー

名古屋遠いですよね

 

 

 

 

さて

 

8月にフェモラトゥスホソクワの割り出しをしました

 

初挑戦の南米種

 

果たして結果は!

 

ペアリング~産卵セットの記事はこちら↓

 

割り出し結果

 

使用したのはコバエシャッター小

 

 

既にケース側面から幼虫が見えております

 

いくつ採れるのか楽しみですね

 

それではひっくり返します

 

 

はいどーん!

3齢と思われる幼虫を確認!

 

本種の成長スピードは不明ですが

 

(そもそもどのくらいで成虫になるの?)

 

産卵セットを組んだのが4月中旬ですので

卵の期間を1か月と仮定して

 

約3か月ほどでこのくらい成長したことになります

 

腹部が目立ちますね

ツヤクワガタ幼虫のような見た目です

 

 

割り出した幼虫ですが

ネブトやツヤクワガタのように

空洞(空間)を作って成長しておりました

 

 

 

肝心の結果ですが

 

幼虫16匹を確認できました

 

 

写真のとおりほとんどが3齢?幼虫でしたが

(写真は一部の幼虫しか映っておりません)

 

初齢も4匹確認できました

 

成長の差が激しいですね

 

 

本種はダラダラと産み続けるのか

或いは成長できずに落ちてしまう個体なのか

 

 



割り出しその後

 

回収した幼虫は

3齢幼虫→500mlボトル

初例幼虫→90mlプリンカップ

 

に移して個別管理を行いました

 

 

3齢幼虫は落ちることなく成長しておりますが

初齢幼虫は全て落ちてしまいました…

 

うーん、なぜだろう

 

温度とマットは産卵セットと変わらない

割り出し時はマットをしっかり食べていたので(腹部が黒く、調子は良く見える)

 

餌の問題ではないと思います

 

問題があるとすると

割り出しの際に幼虫がいた空洞を壊してしまったことでしょうか

 

初齢幼虫は環境の変化に対応できないのかな

 

結局、良く分からないので

もう何サイクル回していきたいです

 

とりあえずは3齢幼虫を無事に成虫にさせます

 

 

それではー!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事