ムナコブクワガタ 割り出し

3月にセットした

ムナコブクワガタの割り出しを行いました。

 

ケース側面からは多数の幼虫が見えています。

 

これは…大勝利の予感!?

 

 

 

産卵セット

 

ペアリング~産卵セットの記事はこちら

 

 

 

セットから1ヶ月後にはケース側面に卵を確認。

 

♀はマットの中を常に動き回っていました。

1箇所に留まって産卵するタイプではないのかな。

 

ムナコブだけでなく、クワガタ全般に言えますが

狭いケースだと卵が潰される可能性もあるため

 

ケチらずに広いケースでセットすることで幼虫の回収率が上がるかもしれません。



割り出し結果

 

ケースをひっくり返したところ…。

 

 

出てくる出てくる!ボロンボロン!

 

卵を確認してから2か月後の割り出しですが

多くが2齢幼虫のようですね。

 

材に侵入したそうな痕がありましたが、侵入できていませんでした。

加水していないし、材が固すぎたかな?すまんな幼虫

 

また、材の周りに幼虫が集中するのはクワガタあるあるですが

ムナコブの幼虫はケースに満遍なくいました。

根まわりに産卵するタイプではないのでしょうか?

 

産卵セットを組む際は、マットのみでもいいのかもしれません。

 

幼虫の数のわりにケース側面で確認できた卵はごく僅かでしたし

ミヤマクワガタと同じ感覚ですかね?

 

 

 

 

 

さて、得られた幼虫の数ですが

 

 

 

80個体でした!

 

 

 

 

2♀体制ではありますが、これは大勝利ではないでしょうか。

噂通りの多産種でしたね。

 

管理が大変なので、いくつかはオークションに出そうと思います。



幼虫管理

 

幼虫は500mlクリアボトル或いは460mlのプリンカップに1個体ずつ投入。

 

 

 

使用するマットは以下の3種類です。

 

使用マット
① NEO ヘラクレスマット(フィールドガーデン)
② マスターズ産卵マット(ダイナステス マスターズ 廣島)
③ クワガタ発酵マット(北斗恵栽園)

 

大きさには拘るわけではありませんが

マット毎にサイズ、生存率を調べてみようと思います。

 

 

それではー!

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事